住まいの防犯リフォーム

一戸建ての住宅は、集合住宅に比べ窓がたくさんありますから、

ドロボウの多くは窓から侵入します。とはいえ、通りに面していて、

周囲から目立つ位置にある窓から侵入するのはわずか。

ドロボウは人目を気にしますから、大かたは、周囲から見通しのききにくい位置にある窓、

特に出入りにも利用する1階の掃き出し窓を侵入口に選びます。

高い位置の窓や2階の窓であっても、近くに塀や空調機の室外機、

カーポートの屋根など、足場になるようなものがあれば、

スルスルと登ってくることもあるので要チェックです。

それから窓に面格子があっても、ネジが表に出ていて、

外から簡単に取りはずるようなものは狙われます。

サッシや面格子がかなり古くなってしまい、ガタガタしていたら、

これもドロボウには好都合です。

ドロボウは、インターフォンを押したり、周囲の様子を見て留守宅を見分け侵入します。

ドロボウにとっては、金品があるかないかよりも、

人目につかずに入りやすく逃げやすいことが、重要なポイントになります。

crime_hint1_ill1

— posted by Murase Kensetsu at 08:55 am    commentComment [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0106 sec.
prev
2011.10
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31