台風シーズン前に屋根の点検をしましょう!

屋根は、住まいの外壁などと同様に過酷な環境で住まいを守り続けています。

高温で焼いた窯業瓦は非常に強く、材質そのものは数十年でももちますが、

割れたり、ズレたりする可能性があります。

またよく使われる薄型スレート屋根(カラーベスト)は、材料そのものの耐候性は低く、

退色も早いので再塗装や葺き替えが必要です。

ガルバリウム鋼板は、カラーベストよりは耐候性がありますが、やはり同様のメンテナンスが必要なんです。

屋根の補修(再塗装)は早ければ10年周期で必要です。また、約30年で葺き替えが必要になってきます。

このため、10年経過頃から点検を実施して、早め早めの補修を行って耐久年数の向上をしましょう!
roof05
そろそろ補修が必要な薄型スレート屋根(カラーベスト)

— posted by Murase Kensetsu at 10:50 am    commentComment [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0110 sec.
prev
2016.6
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30