三重県鳥羽市のyess建築(システム建築)・不動産情報・新築・総合建設会社
村瀬建設株式会社 TEL.0599-26-2580



 リフォーム


 ・キッチン


 ・バス


 ・トイレ


 ・洗面所


 ・増築・改築


 ・ビフォーアフター


 ・リフォームの流れ

 土地探し


【売物件】


 ・土地


 ・一戸建


 ・マンション


【賃貸物件】


 ・一戸建


 ・アパート・マンション


 ・店舗・事業用

 新築住宅


 ・ご案内


 ・施工例

 公共事業


 ・過去の実績

■村瀬建設株式会社
〒517-0011
三重県鳥羽市船津町235番地
TEL:0599-26-2580
FAX:0599-26-2581
E-Mail
murase@shore.ocn.ne.jp




ご挨拶

1930年(昭和5年)の創業以来、私ども村瀬建設株式会社は、各種公共施設の建設や道路・公園などの土木工事、また寺社等の本格的木造建築からホテル・店舗等の大型施設建築そして一般住宅新築・増改築にいたるまで、様々な数多くのプロジェクトを推進してまいりました。そしてこれからも、新しい技術と設備を存分に駆使しながら「地域の皆様に安心と快適」を供給していきたいと考えています。誠意をもってお客様と接し、常に創意工夫をし、限りない情熱をもって仕事に取り組み、お客様に感動と喜びの空間をお届けいたします。


Keiichi Murase

上へ戻る
経営方針
■経営理念我社は建設工事・不動産業務を通し、地域社会の発展に貢献し、地域住民の安全で快適な生活環境の実現を目指すことを目的に、業務・工事の効率化を図り、安全施工と品質向上に努め、常に全社員の協力のもと、誠意と情熱をもって仕事に取り組み、お客様と安心と信頼の環を広げていきます。
■品質方針 我々は、経営理念に基づく品質方針を次のとおり定める
(1)お客様のニーズを物件の品質向上に反映させる。
(2)クレームの少ない物件の完成・提供を目指す。
(3)常に品質改善を繰り返していくことで、お客様から継続して仕事の依頼を受けられる様な活動の強化を目指す。
■環境方針 我々は、経営理念に基づく環境方針を次のとおり定める
(1)地域社会における生活空間整備という事業活動で、環境問題を真剣に捉え、地球環境の改善活動に取り組む。
(2)環境に関する法規制及び要求事項を遵守する。
(3)資源・エネルギーの省力化、建設副産物の削減、リサイクル化に積極的に取り組むことにより、環境負荷の軽減と環境汚染の予防について継続的な改善を図っていく。
■安全衛生方針 村瀬建設株式会社は、労働前衛性(OHS)活動を積極的に実施することで、安全で快適な職場づくりに努め、作業に携わるすべての人々の災害を未然に防止します。
(1)当社は、建設工事における危険源の特定リスクアセスメントを実施し、労働安全衛生に関する社内の規定を整備し、リスク管理を行い、労働安全衛生活動の向上に取り組む。
(2)安全施工サイクルを確実に実施し、労働安全衛生(OHS)方針及び労働安全衛生(OHS)目標を達成するために、各自の責任を明確にし、労働安全衛生活動の継続的な改善に努めます。
(3)労働安全衛生の法規制及び当社が同意するそのほかの要求事項を遵守する。
(4)労働安全衛生(OHS)マネジメントシステムの維持及び継続的改善のために、適切な経営資源を活用する。
(5)労働安全衛生(OHS)マネジメントシステムを効率的に推進するため、全従業員、作業員に対して、労働安全衛生(OHS)方針他の周知徹底のため、教育訓練を継続的に実施する。

会社概要



■商号
村瀬建設株式会社(Murase Corporation)
■所在地
〒517-0011 三重県鳥羽市船津町235番地

大きな地図で見る
■TEL
0599-26-2580
■FAX
0599-26-2581
■E-Mail
murase@shore.ocn.ne.jp
■事業目的
総合建設業(土木・建築の設計及び施工)
不動産取引業(不動産の売買及び媒介・賃貸管理)
■事業内容
●特建事業部
公共施設(学校・公民館等)の建設その他土木工事
文化施設(美術館・博物館・資料館等)の建設
商業施設(ショッピングセンター・ホテル旅館・店舗ビル・マンション・アパート等)の建設
生産施設(工場・倉庫・事務所等)の建設
テントハウス(工場・倉庫)の建設
システム建築(工場・倉庫・店舗・スポーツ施設)
解体工事
●住宅事業部
一般木造住宅及び高耐久性木造住宅の建設
輸入住宅及びログハウスの建設
鉄骨造住宅の建設
鉄筋コンクリート造住宅の建設
開発・宅地造成工事
外構エクステリア工事
住宅内装工事
●不動産部
ミニミニFC鳥羽店
アパート・マンションの仲介斡旋
貸し店舗・貸し倉庫の仲介斡旋
不動産売買及び媒介
●グループ部門

 ムラセホームサービス

 ・アパート・マンションのリニューアル

 ・住宅・店舗のリフォーム

 ・公共施設のリフォーム
■許可・登録・免許
●建設業法による許可
三重県知事(特般28)第3655号
【許可業種】
(特定)建築工事業、土木工事業、とび・土工工事業、大工工事業、左官工事業、石工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、舗装工事業、板金工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、建具工事業、水道施設工事業、解体工事業
(一般)管工事業
●建築士法による登録
一級建築士事務所登録 三重県知事第1−1494号
●宅地建物取引業法による免許
三重県知事(7)第1905号
●廃棄物の修理及び清掃に関す法律による許可
産業廃棄物収集運搬業許可 三重県知事第2407115800号
■資本金
6,000万円(平成29年6月現在)
■従業員
営業職2名、設計企画職1名、技術職8名、事務職2名 その他
■取引銀行
百五銀行(鳥羽東支店)・三重銀行(鳥羽支店)・中京銀行(鳥羽支店)・第三銀行(鳥羽支店)
■創立
昭和5年4月1日
■有資格者
・1級建築士
・2級建築士
・1級建築施工管理技士
・2級建築施工管理技士
・1級土木施工管理技士
・2級土木施工管理技士
・2級管工事施工管理士
・2級造園施工管理技士
・解体施工管理技術士
・宅地建物取引主任者
2名
3名
6名
6名
5名
7名
2名
2名
3名
3名

沿革
昭和05年04月
鳥羽市鳥羽3丁目にて先代 村瀬藤太郎が建築業を創業(村瀬建築)
以後40年間で大工弟子38名を育てる
昭和20年07月
土木工事業へも進出(社名:村瀬建設へ変更)
昭和35年07月
総合建設業工事業、有限会社村瀬建設を設立(資本金100万円)
公共建設工事を中心に、鉄骨造・鉄筋コンクリート造の建設物にもいち早く取り組む
昭和49年04月
村瀬建設株式会社に社名変更(資本金1,000万円)
昭和54年12月
代表取締役に村瀬勝美就任
昭和59年02月
(有)ムラセホームサービスを設立
集合住宅リフォームメンテナンス需要のため
昭和62年03月
資本金を2,000万円に増資
平成04年07月
本社を船津町235番地に移転(新社屋の完成)
平成04年10月
コンピュータ・CAD導入
平成05年05月
不動産部を新設
ミニミニFC鳥羽店を設立・営業展開
平成07年12月
住宅事業部設立準備開始
高気密高断熱住宅ヘの取組み
平成08年11月
住宅事業部設立 NM運動2000
西暦2000年で、創立70周年を迎えるため先代社長が、宮大工であったことを認識し、木造建築物への新たな挑戦を行っていく
平成09年12月
住友林業イノスグループへ入会、(三重南勢支部設立)新世代木造住宅・健康住宅への取組み
モデル住宅建設
平成10年01月
(財)性能保証住宅登録機構へ登録(10年保証)
平成10年06月
民間リフォーム営業展開開始
平成10年10月
資本金を3,000万円に増資
平成11年10月
一級建築士事務所登録
平成11年11月
ダイライト工法認定取得(住宅性能表示制度への取り組み
平成12年04月
資本金を3,500万円に増資
平成13年12月
自社HP製作運営
平成14年04月
ISO9001への取り組み開始
平成14年11月
ISO9001:2000認証取得
平成15年07月
ISO14001への取り組み開始
平成15年
第14回TH大賞 住宅コンテスト 奨励賞
平成16年03月
ISO14001:1996認証取得
平成16年03月
第23回三重県建築賞 住宅部門入選
平成16年08月
本物志向の家づくり「こだわりの家」を展開する為、イノスグループを脱会。
平成17年01月
産業廃棄物収集運搬業許可を受ける
平成17年10月
ISO14001:2004認証更新
平成18年05月
資本金を6,000万円に増資
平成19年11月
木造耐震診断補強システム導入
平成20年04月
屋根・外壁リフォーム事業を展開
平成20年06月
セキスイ認定屋根診断士登録
平成20年07月
「セキスイかわら」deリフォームショップ登録・展開
平成21年04月
ISO9001:2008認証更新
平成22年10月
安全衛生マネジメントシステム OHSAS:2007認証取得
平成23年04月
外壁・屋根リフォームショップ展開
平成27年04月
日本屋根診断士協会指定販売店登録
平成28年12月
大規模鉄骨システム建築の導入のためyess建築システムビルダー登録



Copyright - © MURASE KENSETSU 2009 All Rights Reserved